読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

物語が生まれる場所。

月夜に綴る物語。

映画の予告がネタバレすぎな件

f:id:kanseinokaikaku1002:20160320110548j:image

映画の予告

最近の映画予告、
内容を明かしすぎじゃないですか?
特にここ数年、テレビCMでの予告を見ると
え、コレもう展開わかっちゃうじゃん
ってものが多いような印象を受ける。
 

ベイマックス

f:id:kanseinokaikaku1002:20160320102453j:image
個人的に1番酷いと思ったのがベイマックス
CMを見て確かに面白そうだとは思った。しかし、これ…もう結末まで予想できるよね。と感じつつも従姉妹に付き合わされ鑑賞しました。
 

結果

結果は…やっぱりね。でした。
正直、凄く物足りなかったです。
それ以来、僕は予告をなるべく見ないもしくは
予告を見て大体予想ができる映画は見ない
と決めました。
 

想像力

これは映画に限った話ではないと思うんですが、我々の想像力がだいぶ低下している、もしくは低下していると思われているのではないかと思います。
だからよりわかりやすく答えを提示するという形のものが主流になってきている。
僕は歌うたいですが、これは音楽にも言える事だと思うのです。
もっと空白を増やして想像させて欲しいなって思う事が多々あります。
 

自信がない?

全部話してしまうのは自信の無さの表れだとも言えるのかもしれない。面白いと思われるか不安だからアレも言おう、コレも言おう。ほら、こんなに面白いんですよ!…その結果が今の現状???
 

興味を惹かせるセンス

センスを感じる宣伝は、やっぱり引き算がうまいものだと思うのです。つまり相手に想像させるのがうまいもの。続きや結末が気になってしかたがなくなるようなセンス抜群の予告CM、最近見た記憶がないなぁと感じます。
 

暗殺教室

matome.naver.jp

暗殺教室の予告がネタバレしすぎ!と話題になっている。
しかも前編を放送した際に流したものでしょ?
1番やっちゃいけない事でしょうが…。前編を観てるって事は、ある程度その作品に興味を持ってる人って事でしょ?
その人達にこそ、続きが気になって仕方がない!と思える啓蒙要素を含んだCMにしなければならないはずです。もっと空白を大事にしましょうよ。行間を読ませるような工夫をしましょうよ。やっぱり仕掛ける側が動かなければ始まらないと思うのです。
 

受け身ばかりはダメ!

今は受け手目線のものが多くクオリティが下がる一方だが、仕掛ける側がもっともっと情報を減らす事で、「ハッ!ただ受け身になってるだけじゃダメだ!」と受け手に危機感を与えて欲しいのです。勝手な思いですが。
それで「わからないから観るのやめよう」という人しか出てこないのであれば、もう教育とかもっと根本から見直さなきゃダメですよ。
 

立ち上がろう

僕個人としては、

我々の想像力をナメるな!!

と思ってしまいます。
ナメられてるわけですよ、我々の想像力は。
バカだから全部言わなきゃわかんないでしょ?
って思われてるわけですよ。
そんなの悔しいじゃないですか!
想像していきましょう!!立ち上がろう!
広告を非表示にする