読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

物語が生まれる場所。

月夜に綴る物語。

閻魔大王の物語。

世界はこの世とあの世の
二つの世界から構成されている。
 
あの世とは生物の死後の世界である。
そしてその死後の世界を牛耳る人物こそ
閻魔大王、その人である。
f:id:kanseinokaikaku1002:20160307212544j:image
ひとえに閻魔大王といえど、
実はその人数は多く管轄によって分けられている。
 
人間、昆虫、動物、植物…
あらゆる種類で細分化されている。
それでも1日におけるあの世の訪問者は後を絶たず、各部署の閻魔大王は、疲労困憊しながら(厳密には疲労という概念はないのだが、人間の感覚でいうとこれに近い)日々仕事に明け暮れている。
 
さて、今日紹介するのは、人間の死者を相手にする第7管理課閻魔大王だ。
他の生物と違い自我がある人間は、判断基準が実に曖昧で厄介な為、この第7管理課はいわゆるエリートが担当する事になっている。
 
今日も相変わらずの忙しさである。
 
閻魔大王の仕事は、「天国行きか地獄行きかを決める」というのは割と有名な話だ。
 
実はそれには裏話があり、1500年ほど昔に、当時の担当だった閻魔大王が、地獄行きの死者を誤って生前の世界に送り戻してしまうという事件が発生し、そこから閻魔大王はこの世でも割と有名になってしまったらしい。
(それ以来第7管理課はエリートが務める事になった。)
 
さて、この天国か地獄かの審判というものには当然いくつかの審査基準が存在する。
ザックリ言えば、良い行いの数、悪い行いの数、その他にも生涯いくつの命を奪ったか、などだ。それは細かくランク分けされており、その中でも人殺しは地獄ランクが高く、1人殺めた時点で地獄の更に奥地、大地獄行きが決まる。
 
大抵の人間は人殺しはしないので、天国にいけるのだろう…
などと思っている者が多い事に驚くのだが、ハッキリ言ってそんな甘いものではない。
蚊を何百万匹殺したとか、花を何万本引っこ抜いた、などという事もカウントされるからである。
そして更に言えば、生きる為とはいえ、犠牲にしてきた食物の命というのもカウントされるのだ。
 
…と、ここまでの話だと、天国行きは誰もが不可能に思えるかもしれない。しかし、ここには大事なボーナスポイントというものもあるのだ。
 
それは今までに心を込めて「いただきます」と「ごちそうさま」をどれだけ言ってきたか…というものだ。
 
生きる為に命をいただき、その命に心から感謝をする。これを毎回しっかり行うとかなりのボーナスポイントを得られる。
逆に、ここを蔑ろにした者は、たとえ善者であれ、大きくポイントを失うのだ。
 
さあ、今日も沢山の死者が閻魔大王のもとへやってくる。
 
人助けを生きがいとしてきたとある男は、幼少期に行った昆虫への虐殺と、せっかちな性格からか、ボーナスポイントの伸びが悪く、あえなく地獄行きとなった。
 
又、
 
生前、男を騙しに騙し、嘘と色気のみで人生を謳歌した魔性の女は、嘘以外に大した減点もなく、ボーナスポイントも着実に獲得していた為、晴れて天国行きとなった。
 
現実なんてこんなものである。
理不尽だ!という声をよく耳にする。
しかし、我々死後の世界の者には、その理不尽という概念もなければ、興味もない。
 
命を大切にし、いただいた命に感謝をし、各々の人生をより良いものにする為に努力をする。
ただそれだけの事である。
それだけの事が、不思議と人間には難しいようだ。余計な知識をつけすぎたからに他ならない。
 
閻魔大王は言う。
人間は、頭脳の発達をなによりも特別と考え、頭脳で劣る他の生物を冷笑するが、私からすれば、頭脳の優劣などはなんの意味もなく、そんな小さな事で悦に浸るその姿は滑稽そのものである。
 
全ての生き物に同じだけの命がある、それだけなのに。」と。
 
胸が痛くなりましたか?
人間は物理的でない痛みも感じるのでしょう?
 
今日も閻魔大王の仕事は尽きない。
また一人、また一人と点数を計算し振り分ける。
 
良い子の皆!
生きるという事、生かされているという事、もう一度しっかり考えて、いただきますとごちそうさまを心を込めてちゃんと言おうね!
 
などという親切な忠告はもちろんしない。

おしまい。
その他の物語はこちら。

kanseinokaikaku-shin.hatenablog.com

ライブ情報kanseinokaikaku-shin.hatenablog.com

広告を非表示にする